当社では2003年3月から環境マネジメントシステムの取り組みを開始し、2003年12月にISO14001の認証を取得しました。
ISO認証取得は決して目的ではなく「環境保全企業」として社会貢献を果たすと共に、自己啓発及び、会社発展のツールとして活かすことを目指しています。



福豊帝酸環境方針


                             2017年4月 代表取締役社長 宮嶋寛幸


 地球上のあらゆる生命の源である空気。福豊帝酸株式会社がお客様にご提供する様々なガスのほとんどが、”空気から形を変えご使用後またピュアな空気に戻っていく”という環境に優しい循環型素材です。
 しかしながら、当社事業活動において少なからず地球環境に影響を及ぼしていることを真摯に受けとめ、ここに環境方針を定めて、積極的な環境保全活動の推進による循環型社会の実現と活力ある企業活動を目指します。

 



行動指針
1. 事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、資源保護・汚染の予防を目的に、組織の状況に関連するその他の固有なコミットメントや環境保護に対するコミットメントも考慮に入れ環境マネジメントシステムを構築し、環境パフォーマンスを向上させるための継続的改善に努める。
2. 環境に関する法律、条例、規制を遵守するとともに必要に応じて自主基準を設定し、地球環境保護に資するものとする。
3. 環境負荷低減を図るため環境目的および目標を定め、その達成に向け全従業員で取り組む。また環境目的および目標、必要に応じ見直し改訂する。
4. 当社の活動、製品及びサービスにかかわる環境影響の中、次の項目を環境管理重点テーマとして取り組む。
(1) 物品のリデュース・リユース・リサイクル(3R)を展開し、省資源・省エネルギー、また廃棄
物の適正管理・廃棄処理を推進することにより、持続可能な循環型社会の形成に努める。
(2) 高圧ガスの保安活動を推進し、社内および顧客先での事故防止に努める。
(3) 当社の主力商品であるガスの充填時ロス量の低減に努める。
(4) 環境に優しい商材の仕入販売に積極的に取り組む。

5. 従業員及び当社のために働く全ての人々に対して環境に関する啓発活動を行い、意識の向上を図る。
6. この環境方針は社内外に公開する。


このページのトップへ