◆ フロン回収とは
 フロンは、一般社会において冷媒として冷凍空調機器(冷蔵庫、家庭用エアコン、カーエアコン等)
 で使用されています。私達を快適な環境にさせてくれるはずのフロンが、有害紫外線から私達を
 守ってくれるオゾン層を破壊してしまうのです。今、世界でフロンの回収が急務とされています。
 ◇フロン回収処理システム図
 【福豊帝酸株式会社の役割】
  ・フロン回収及び容器の返却
  ・回収フロンを破壊プラントへ輸送
  ・破壊処理証明書を発行







◆ 回収容器の洗浄・再検査

   フロン回収容器は高圧ガス保安法により耐圧検査が義務付けられています。
   当社 容器再検査場にて、回収容器の耐圧検査を行います。
   お問い合わせはメール(
info@fukutei.co.jp)または電話(0948-26-2232)にて。
 
ボンベの種類 耐圧試験圧力
(MPa)
フロンの種類 試験の周期
(製造後の経過年)
FC1類 3.0 R12、R134a、R500、R401A、R401B
R407D、R22、R502
6年(20年未満)
2年(20年以上)
FC2類 4.0 R509A、R407C、R402B、R404A
R407A、R507A、R402A、R407B
R125、R407E、FC1に属する液化フロン
5年(20年未満)
2年(20年以上)
FC3類 5.0 R410B、R410A、R32、
FC1類、FC2類に属する液化フロン




        12Lタイプ             24Lタイプ                フロン回収装置

このページのトップへ